Q.手術すべきか如何にかの決断スタンダードはありますか?

今頃、わずか汗をかくとワキの下がにおったり、企業の制服のブラウスに黄色いシミが可能なようになりました。

 

引っかかるので、汗取りパッドを使ったり、汗止めの薬を使っていましたが友達に話し合いすると、ワキガではないかといいます。

 

私はある企業で受付をしているので、法人を訪れるユーザーにイヤな考えをさせているのではないかと心もとないでしょうがないのです。

 

この間、雑誌を読んでいたら、ワキガ手術の広告が目に止まりました。

 

私の事例、汗をかいていない事例はそれほどにおっていない気もするし、「手術」と聞いただけで少しだけ抵抗があるのですが、受付という仕事がら、このままでは法人に嫌がらせが必要になるのではないか、手術を受けたほうがよいのではないかと悩んでいます。

 

現在、つき合っている彼は何もいわないのですがもしかして気づいているのにいい出せないだけかもしれません。

 

手術をするべきか如何にかの決断スタンダードというのがあったら教えてください。

 

山口やよい?25才?企業員。

 

※A.ワキガは体質的なもので病ではないのですから、手術すべきか如何にかは本人の決断次第という事になりますが、決断の判断基準としては、114S-21ページの「ワキガチェックリスト」がポイントになるでしょう。

 

ワキガがガンや心臓病のように、人間の生命を脅かす病ではないせいか、自身がワキガでなければ、たかが体臭が強いくらいで病院なんかに行く必須はない、まして手術なんて……と考慮する人もいるでしょう。

 

けれども、悩んでいる当人にとっては、大事な人間関連まで失いかねない深刻な問題であり、人に会うのが嫌だとか、人込みに出たくないなど行動もネガティブになりがちです。

 

私もふんだんにの患者さんたちにお会いして、そのモヤモヤの大きさを改めて体感しています。

 

また、自分の手の届く範囲な人にも話し合いしにくく、情報が限定しれている領域だからこそ「治やりたい」と思った事例に、正しい情報を得る事が非常に必須になってくるのです。

 

自らのニオイや汗の様子を明確と理解し、手術のテクニックや総額などについての詳細を知りたいという考えを持っている方には、初めに当クリニックで心理コンサルタントを受ける事をベストチョイスします。